【酒の処分方法ガイド】いらないお酒を処分するなら宅配買取を利用しよう

飲まないお酒の処分方法について

お酒が好きでよく飲む人ならいいのですが、家族が集めたものが置いてあったりプレゼントで人からもらったりしたはいいけれど自分では飲む予定も無いし保管には場所も取るしで困っている人もいると思います。

瓶は資源ゴミとして決められた曜日に出せばいいですが、中身はどうすれば良いのでしょうか。答えは簡単です。

お酒は基本的に「家の流し台に流しても大丈夫」です。

賞味期限の切れたジュースと変わらないですね。

特にいらないお酒に思い入れもない場合、一番手っ取り早い方法は流し台に流して処分してしまうことです。お酒はサラダ油等と違い、流しても排水管や水周りに不具合が出ることはありません。

お酒を処分するときの注意点

飲料用アルコールはよほど大量にでなければ、普通に下水に流しても問題なく排水管もおかしくならないので注意といった注意はないのですが、

アルコール臭で気分が悪くなってしまうことがあるので換気はしたほうが良いです。

家の中がアルコール臭くなってしまうので、面倒ですが大量にお酒がある場合は数回に分けて流してください。

当たり前ですが、外のドブ等に流したり、中身が入ったままコンビニのゴミ箱に捨てたりするのはやめてください。トイレに流しても問題ありませんが、キッチンの流し台のほうが処理しやすいと思います。

捨てる以外の方法は?

さて、捨ててしまうのが一番手っ取り早いと言いましたが、お酒には案外価値があります。

自分で飲まないのであれば、お酒好きの知り合いにプレゼントしてみるのはいかがでしょうか。好きな人にとっては何本あっても邪魔ではないですし、価値がわかる人であればきっと喜んでくれるはずです。

一方で自分に利益が出る方法があります。それはお酒を「売りに出す」ことです。こちらはかなりおすすめの方法です。

ブランデーやウイスキー、日本酒の有名銘柄、高級銘柄の中には1本数万円、また数十万円という驚きの価格で売れるものもあります。

紙パックのお酒や安い缶チューハイを買い取ってもらうのは難しいですが、ブランデーをはじめとする洋酒、ウイスキー、シャンパン、ワイン、日本酒、焼酎、ビール(ケース入)、リキュール等殆どのお酒は実は売ってお金にすることができるのです。

お酒の空き瓶もビールや一般の焼酎の瓶だと難しいですが、ブランドもののデザインボトル(バカラグラス等)や高級有名銘柄(ブランデーのヘネシーやレミーマルタン、日本酒の森伊蔵等)のボトルだと中身が入っていなくても買い取ってくれることがあります。

空き瓶をDIYして花瓶や調味料入れにするのも流行っていますが、売れるなら売ってお金になったほうが嬉しいですよね。

しかし、一般的にはお酒の買取業者が買い取ってくれるのは「未開封のお酒」と条件がついていることが多いのでそれは前提に置いていてください。

また、ビールや日本酒は日持ちしないので製造日から6ヵ月以内のもののみ買取、等と条件がついていることが多いので注意してください。

賞味期限は必ず確認するようにしてください。

ブランデーやウイスキー、焼酎等は賞味期限が無いものが多く、年代物ほど高くなる傾向にあります。

この3種類であれば放置していて中身が少し蒸発してしまっていても8割程度残っていれば買い取ってくれることが多いです。ワインも賞味期限はありませんが冷暗所に保管することが必要で少しデリケートなお酒です。

しかし、家庭で普通に保存している分にはそんなに状態は劣化しないのでだいたいは買い取って貰えるでしょう。

替え栓や外箱等の付属品があるお酒はセットで売った方が絶対に高値がつきます。ボトルやラベルにほこりが被っているような状態であれば綺麗に拭いてから売りに出しましょう。

流しに捨ててしまうとお酒の中身は戻らないので、捨てる前にお酒に詳しい知人がいれば聞いたり、インターネット検索して調べたりと興味本位でもいいのでお酒の銘柄とその価値(価格)を調べて確認してみることをおすすめします。

捨てるよりはお金になったほうが気分的にも気持ちいいと思います。

⇒ お酒買取店舗紹介へ

いらないお酒を売る最適な方法は?

さて、お酒を買い取ってくれるお店には質屋や街の酒店、総合リサイクルショップ、はたまた自分でヤフーオークション等のネットオークションに出品する等色々な方法がありますが・・・

総合リサイクルショップは買取価格が安く二束三文になればいいほうです。オークションは正直手順がかなり面倒です。

そこで私がオススメするのが【お酒の買取専門店】に売りに出すことです。

専門店、と書くと一見敷居が高そうに思う人もいるかもしれませんが、実は一番手間が掛からず初心者にもおすすめの方法なのです。

総合リサイクルショップだと会社のマニュアルに沿って状態が良くても悪くても一律〇〇円というような評価になってしまうことも多いのですが、お酒の買取に特化した専門店であればスタッフの知識量が多く状態や希少性等に沿ってきちんとした評価をしてくれます。

よって必然的に買取価格が高くなるのです。

お酒の価値というのは余程お酒が好きとか、お酒に関わる仕事をしていた人でない限りなかなか分からないものですが専門店のスタッフであればじっくりと評価し、それをわかりやすく説明してくれます。

こちらがお酒について何もわからない状態だったとしても、1から10まで全てを進めてくれるので待っているだけでお金が手に入るというわけです。

だいたいの業者では

  1. 店頭買取
    自分の足でお酒をお店に持って行って売る方法。その場で現金化できる。近くに店舗があれば手っ取り早い。
  2. 宅配買取
    自宅から段ボールにお酒を詰めて買取業者宛に送る。お金は銀行振込。段ボールや必要書類等も用意してくれ、送料は業者負担のことが多い。
  3. 出張買取
    業者に自宅に来てもらう方法。その場で現金化できる。本数が多い場合や忙しい場合に便利。

と3つの方法があり、自分に合った方法を選択することができます。

 

どの方法を選んでも必要なものは身分証明書(運転免許証、保険証、パスポート等)くらいです。身分証明書は、中古品の買取の際にはお店に提示することが法律で義務付けられています

また、お酒の買取専門店では実際に売る前に売りたいお酒のだいたいの買取価格がわかる「仮査定」というサービスを利用することができるのですすんで利用しましょう。料金は一切掛かりませんし、こちらも電話、メール、LINE等様々なツールを通し気軽に利用することができます

お酒は意外と高値で売れる事も多いので、少しの手間で売って少しでもお小遣いになればいいですよね。

飲まないお酒、いらないお酒が多くても少なくてもあるのであれば宅配買取で良いので気軽に査定に出してみることをオススメします。

⇒ お酒買取完全ガイドページへ