未成年でもゲームを売る事は出来る??18歳未満のゲーム買取について

未成年者のゲーム買取は可能?ブックオフやゲオでも売れる?

売りたいゲームがあったのに、未成年だからといった理由で買いとってもらえなかったらガッカリしちゃいますよね。

ただ、現在の法律では未成年の方からの買取はゲームに限らず不可になっています。

ここで言う未成年とは、18歳未満の方になるので18歳以上の方は買取可能にはなっています。

ただし、18歳以上でも高校生の場合は買取不可になってしまうお店もあります。

未成年だと売りたいゲームがあっても売れないの?18歳以上になるまで待ってるしかないの?

そういった疑問も含め、18歳未満の未成年の方でもゲームの買取をしてもらえるのか?を今回はお話しします。

ブックオフやゲオといった知名度の高い一部の店舗の未成年者のゲーム買取についても紹介しているので18歳未満や未成年でゲームを売りたいなと考えている人は参考にしてくださいね。

未成年(18歳未満)のゲーム買取について

なんで未成年だとゲーム買い取ってもらえないのって思いますよね。

これは古物営業法という法律でも決められていますが、東京都の他、多くの自治体で決められている、青少年育成条例というものがあり未成年者からの買取をしてはいけませんと決められています。

万引きした商品を売ることを防止したり、親の知らないところで勝手に買取してしまうのを防ぐために定められています。

お店側も未成年だと分かっていて買い取りしてしまうと罰則や罰金を払わなくてはならない場合も出てきてしまいます。

そういった理由もあり、18歳未満の未成年の方の単独の買取は不可になっています。

ただ、未成年だからといって絶対買取できないといった事はありません。

きちんとお店の条件に満たしていれば買い取ってもらうことも可能になっています。

まず、年齢関係なくゲームを買い取ってもらうためには運転免許証や健康保険証、パスポート、住民票のコピーなどの身分証明書が必要になっています。

学生の方なら学生証などが身分証明書として取り扱ってもらえます。

未成年の方の場合は、これにプラスして最低条件として親からの同意書が必要になります。

この同意書は、親に売ってもいいかきちんと確認済みですよといった証になります。

でも親にわざわざ言うのは面倒だから、親の字体を似せて自分で書けばいいやと思う方もいると思います。

確かに、同意書があれば良いなら真似して書いてもって思うかもしれませんが、お店の方はきちんと見ているのでバレてしまうと買取不可になってしまいます。

同意書があっても最終確認として買い取る前に親に電話確認するお店もあります

そこで話が合わないとまた色々とトラブルになってしまうので、ちゃんと保護者にに書いてもらってくださいね。

ゲームを売りたい理由をきちんと話せば、だいたいの親は反対することはないと思うので売りたいときは相談してみることが一番です。

それも面倒だからと、18歳以上の友人に頼んで書いてもらえばいいかなど思う方もいると思いますが

お金が絡んでくることなので後で書いてあげたから買い取ってもらえた分を欲しいと言われてしまうこともあります。

いくら仲が良くてもそういったこともあるので、そんなことで友人関係にひびが入ってしまっては嫌ですよね。

頼むんじゃなかったなんて後悔することのないように買い取ってもらいたいときは親に相談してみてくださいね。

各店舗での未成年者のゲーム買取事情は?

ここでは、全国どのにでもある大手チェーン店での未成年の買取事情はどうなっているのかをまとめてみました。

ゲームを売りに行く前に知っておけば役に立つので目を通してみてくださいね。

ブックオフ

ブックオフでは、保護者同伴での買取が条件になっています。

18歳未満の場合、保護者の同意書のみでは買取は不可になっているので保護者同伴が必須になります。

買取の際は、保護者の身分証明書の提示が必要になっています。

ただし、18歳以上の高校生は身分証明書を提示すれば買取してもらえます。

ゲオ

ゲオでは未成年からの買取は一切不可になっています。

ゲオで買取をしてもらいたい場合は、親に頼んで代わりに買い取ってもらう方法しかありません。

ツタヤ

ツタヤもゲオと同じく、18歳未満の未成年の方からの買取は不可になっています。

買い取ってもらいたい場合は親に代わりに行ってもらって買い取ってもらう方法しかありません。

古本市場

古本市場では、18歳未満の方でも本人確認証(学生証や保険証など)と親の同意書があれば買い取ってもらえます。

ただし、必ず保護者の方への電話確認が必要になっています。

買取の際に、保護者に連絡がつかなかった場合は買取不可になってしまうので

電話に出てもらえる時間帯などを把握してから行かないとせっかく持って行っても不可になってしまいます。

また、18歳以上の方でも、高校在学している方は同意書が必要になっています。

中学生以下の方になると保護者同伴でないと買取はしてもらえません。

ブックオフやゲオなどの大手チェーン店での未成年からの買取事情はどうなっているのかをまとめてみましたが、同意書のみでも買取可能なのは古本市場のみですね。

古本市場でも同意書があったとしても保護者に電話確認が必須にはなっています。

その場で確認が取れないと買い取ってもらえないので持って行っても無駄足になってしまいます。

やはり、未成年の方がゲームを売りたいと思ったら、親に頼んで代わりに買い取ってもらうことが一番スムーズにはなっています。

未成年者のゲーム買取まとめ

未成年でもゲームの買取をしてもらえるのかやお店での買取事情を色々と紹介しました。

やはり、18歳未満の未成年の方のみでの買取は難しくなっているのが現状です。

未成年だからダメって、もっと気軽に売りたいって思うのが本音ですよね。

遊び飽きたゲーム売っておこずかいにしたい、新しいゲーム買う資金にしたいなど売りたい理由は様々ありますよね。

でも親同伴で買い取てもらいに行くのは恥ずかしい、代わりに買取に行ってほしいなんて忙しい親にはなかなか言えない。

かと言って、同意書のみで買い取ってくれるお店がなかなか見つからない。

やっぱり、18歳以上になるまで売るのは我慢しなくちゃいけないの?って思いますよね。

今は未成年の方からの買取は厳しくなっているので親同伴などでないと不可といったお店は多くはなっていますが、古本市場の様に中には同意書のみでも買い取ってはもらえるお店も探せば見つかります。

当サイトでもオススメのゲームの買取店を紹介していますが、メディア買取ネットなどは親の同意書のみで買い取ってもらえます

親と一緒にお店に行って売りに行ってもらったりなどしなくても、同意書にサインを書いてもらうだけで良いのでお互い気を使わなくて済むので頼みやすいですよね。

メディア買取ネットは宅配買取専門店なので家に居ながらにして楽に買取してもらえることもメリットになっています。

ブックオフやゲオなどでも宅配買取をしていますが、メディア買取ネットとの大きな違いがありメディア買取ネットは宅配買取専門のお店になっています。

メディア買取ネットのようにネット限定の実店舗を持っていない宅配買取専門店のことを無店舗型といい、無店舗型の良いところは実店舗を持っていないので、家賃や人件費などの維持費をコストカットできているとことです。

そのコストカットできた分をそのまま買取価格に反映しているので、実店舗では難しかったような高価格での買取も期待できます。

でも買取を代わりにしてもらうだけでも面倒なのに、親に数店舗を周ってもらって一番高価格で買取してもらうお店を探してもらうことなんてしてもらえないですよね。

未成年の方になるとそういったことも難しいので、最初から高価格を臨めるようなお店に出すことも重要です。

メディア買取ネットは宅配買取専門なので梱包資材や振り込み手数料なども一切掛からず無料で貰えて家に居ながら、申し込み者本人確認書類のコピーと親からの同意書があれば買取可能になっています。

売りたいけど未成年だからと諦めていた方でも気軽に使えるのでまずは親に相談してみてくださいね。

実際に宅配だと何か利用するのは不安・・・と言った人のために実際に私がゲームを売った際の流れも写真付きで公開しています。

未成年(18歳未満)でゲームを買い取ってほしいなと考えている人はそちらも確認してみて下さいね。